スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRAZIL

先日、2016年のオリンピック開催地がブラジルに決定した。

石原都知事の発言も記憶に新しいが、私は
“日本のみんなもブラジルを盛り上げようよ!”と思う。

「東京の方がプレゼンも完璧だったのに・・・」等と口にしている
関係者の方々、良いではないか!
だってブラジルには日本人移民の方々が沢山おられる。

私の友人にも日系ブラジル人(日本人移民の血を分けた)が
沢山いる。

戦前、戦後、移民の方々はそれぞれの想いを抱えて
日本からブラジルへ渡られた。
ブラジルでは本当に苦労されたと思う。

で、今その方々の孫等がブラジルから沢山日本に来て
それぞれ逞しく頑張っている。

ポルトガル語も全く解らずに海を渡った先人の方々、
そして同じく日本語も片言だけど私達がいる日本に
夢を持ってやって来た今の世代の方々。

両世代共に、日本で暮らしている私達日本人が思う以上に
それぞれの心の中に“日本”はあり、“日本”というプライドを
持って生きておられる。

ある番組で日系ブラジル人のおばあちゃん(戦後第一号移民)に
インタビューしているシーンを観た。
(その方の孫&ひ孫は今大阪に住んでいるとの事)

インタビュアーが「ブラジルに移り大変ではなかったですか?」と
アホな質問をぶつけていた。
私は大変なんてもんとちゃうやんけ!と思いながら
インタビュアーの軽さに呆れながら観ていると、そのおばあちゃんは
胸を張って笑顔でこう答えておられた。

そりゃあ大変だったけど私達は日本人だから出来ると思った!

戦後第一号移民としてブラジルに渡ったそのおばあちゃんは
「今が一番幸せよ」と言っていた。
「私達は日本人だから出来る!」
思わず涙が溢れてきた。

こういうのを本当の“大和魂”と言うのではないか。
その言葉の深さも解らず、「Yo! Yo! 大和魂!」等と
ラップしている昨今の偽物HIP HOP君達に見せてやりたかった。

石原都知事よ、政治が色々とあるかもしれない。
しかしブラジルにはそんなあなたの、私達の先輩や、
その血を分けた人々が沢山いるのだ。
あなた方以上に“日本”をしょって日々生きておられる。

文句ばかりではなく、ここはひとつ日本代表として
ブラジルを盛り上げてみてはどうですか

bbb.jpg



スポンサーサイト

手紙

今日はもう一つ。

みなさんは「樋口了一」というシンガーソングライターを
ご存知だろうか。
人の心を歌ってるシンガーだ。

彼の“手紙~親愛なる子供たちへ~”を
一度聴いてみて下さい。

これからの私たちの生き方一つ一つの
ヒントや癒しになると思います。

higuchi_p.jpg
樋口了一

手紙~親愛なる子供たちへ~のPVがYou Tubeで観れます!


YOKO ONO PLASTIC ONO BAND

オノ ヨーコがNEW ALBUMをリリースした。
(BASEMENT JAXXのニューアルバムにも参加してます)

76歳でスタジオ入り、そして新譜だ!素晴らしい!

私たちの仕事は年齢は関係ないとされている。
しかし時々、自分の年齢と向き合いへこむ事もある。
(日本は特に年齢という数字で人に対してのイメージや判断が
 されてしまう事があまりにも多いしね。。)

私のロールモデルはBIG SOUL SISTA mimi。ずっとそう
mimiさんやオノ ヨーコさん、そしてフィールドは違うのだが
森 光子さん、等等。

私が10年後、20年後、30年後・・・どうなってるかは
想像つかないが、この方々の様に“枯れない” and
その時代、時代において“今の”女でいたい

ono.jpg
オノヨーコ

mimi.jpg
BIG SOUL SISTA mimi

 

 | BLOG TOP | 

プロフィール

black juice

Author:black juice
DJ HIYOCO

大阪出身。17歳よりクラブDJ活動を始める。
クラブでのDJをしながら、ブラックミュージックの真髄により深く触れるため単身にて渡米。クラブDJのオーディションを飛び込みで受け合格。そのセンスの素晴らしさに現地の人々も驚いた。以後アメリカでDJを務めつつ、現在の音楽スタイルの基礎を身につける。その後拠点を日本に移すが、定期的に渡米を繰り返し独自の音楽センスに磨きをかけていった。以後もDJとしての活動のみならず、自己のプロデュース・イベントの敢行、倉木麻衣をはじめとするアーティストのリミックス、オリジナルアルバムの制作、TV・ラジオ番組パーソナリティを務めるなど、多彩な活躍でDJの地位向上に徹している。1999年DJ HIYOCO自身がプロデュースするクラブイベントBlack Juiceを立ち上げる。「Black Juice」は高い動員数を誇るイベントとなり、現在では全国で開催されるようになった。ブラックミュージック全般を心より愛し、 それに裏づけされた深い理解は他の追随を許さない。そして、本当の意味で名実共に備わったマルチDJである。現在、岸本早未(GIZA)マキシシングル「Go! MY HEAVEN」3曲目 『SHADOW OR LIGHT?』の編曲を担当。現在、イラストレーター久保麻紀(FOXY COLORS)とコラボで「Black Juice」ブランドを展開中。

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。