スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KING OF POP

先週、MJの“THIS IS IT”を観に行った。

凄いっ!その一言。
MJみたいな人は何千年、何万年経っても出て来ない!と思う。

今日からプリンセス天功プロデュースによるMJの遺品展が
六本木で始まりましたが、是非観に行きたいっ

そして映画の方では、70歳代位の方々も沢山映画館に
足を運んでおられていたのが印象的でした。

まだ観てない方、是非是非“THIS IS IT”観て下さい

MJ11-02.jpg
スポンサーサイト

コメント

私も観に行ったよぉ~!
知らないうちにいっぱい涙が出たよi-241

funky bettyちゃん、いつもコメントありがとうv-238
一般の方々の方が、より多く映画館に足を運んでるんですよね!
マイケル、マイケルと言っている似非DJ等はあまり行ってないようで残念です。。
マイケルの死をただの一ブームとして捉えているDJ共が
多すぎて、本当に残念な気持ちの今日この頃です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

black juice

Author:black juice
DJ HIYOCO

大阪出身。17歳よりクラブDJ活動を始める。
クラブでのDJをしながら、ブラックミュージックの真髄により深く触れるため単身にて渡米。クラブDJのオーディションを飛び込みで受け合格。そのセンスの素晴らしさに現地の人々も驚いた。以後アメリカでDJを務めつつ、現在の音楽スタイルの基礎を身につける。その後拠点を日本に移すが、定期的に渡米を繰り返し独自の音楽センスに磨きをかけていった。以後もDJとしての活動のみならず、自己のプロデュース・イベントの敢行、倉木麻衣をはじめとするアーティストのリミックス、オリジナルアルバムの制作、TV・ラジオ番組パーソナリティを務めるなど、多彩な活躍でDJの地位向上に徹している。1999年DJ HIYOCO自身がプロデュースするクラブイベントBlack Juiceを立ち上げる。「Black Juice」は高い動員数を誇るイベントとなり、現在では全国で開催されるようになった。ブラックミュージック全般を心より愛し、 それに裏づけされた深い理解は他の追随を許さない。そして、本当の意味で名実共に備わったマルチDJである。現在、岸本早未(GIZA)マキシシングル「Go! MY HEAVEN」3曲目 『SHADOW OR LIGHT?』の編曲を担当。現在、イラストレーター久保麻紀(FOXY COLORS)とコラボで「Black Juice」ブランドを展開中。

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

TOTAL VISITS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。